寿命とメンテナンス

光熱費を大きく減らす方法は、太陽光発電システムを設置する事で、さらに売電して収入を得たりする事が大きなメリットですが、他にも、エコシステムなので、政府の地球温暖化対策に大きく貢献する事ができる事です。
しかし、メリットがある事は、だれでも理解しているのですが、実際に設置する事を躊躇う方も多い様です。
その理由としては、太陽光発電システム自体の値段や工事費用が高く、その上、メンテナンス費用が発生するので、費用対効果がすくないと考える方がいるようです。
以前の太陽光発電システムは、確かに、この様な問題を抱えていましたが、この問題を解決する為に、研究が行われ、最近の太陽光発電システムはこの様な問題は全て解決していると言われています。
太陽光発電の相場を調べてみると、相場は曖昧で明確な金額は出せないようです。
太陽光発電システムの価格や工事費はインターネットで大体の値段を見る事はできるのですが、分からないのがメンテナンス費用です。
メンテナンス費用は保証と大きく関わっており、メーカーによって保証期間が異なっている事です。
一般的な保証としては、発電量の保証とパワーコンディショナ等の周辺機器の保証が別になっています。
発電量の保証は、発電量がある一定まで下がると、元の発電量になる様に部品等を交換してくれる保証で一般的な保証機関としては10年位となっています。
発電量の保証とは太陽電池の事をさしており、発電量が81%以下になると修理をしてもらえる保証です。
太陽電池とは、一般的な電池とは異なり、太陽光発電の場合は、屋根の取り付けるパネルの事を指してします。
パネルは電気を蓄えるものではなく、光エネルギーを電気に変換する装置と考える事ができます。
この太陽電池の寿命は20年位と言われており、10年の保証でも十分に足りると言えます。
周辺機器の保証は1年位と短いのですが、周辺機器は簡単に壊れるものではなく、仮に修理が必要となっても値段が安いので、保証期間が短くても、心配する必要がないと言えます。
費用対効果を考えた場合、早ければ10年位で費用分を取り戻せると言われており、遅くても15年位なので、寿命が来る前に利益を出す事が可能となっています。
ここで注意する事は屋根自体のメンテナンスです。
屋根に太陽電気となるパネルを設置するので、屋根のメンテナンスが必要となる事があります。
この事から太陽光発電を設置する時期が大事となります。
新築の住宅に設置する場合は問題ないのですが、長年住んでいる住宅に設置する場合は、太陽光発電の寿命と屋根の寿命を考慮して設置時期を設定する必要があります。
具体的には、屋根をメンテナンスする為に太陽光発電が邪魔にならに様にする事です。
設置業者に見積もりを依頼する時に、この事も良く相談して見積もりして貰うとよいです。
Copyright (C)2017太陽光発電とオール電化〜メリットとデメリット〜.All rights reserved.