設置業者を決めるポイント

住宅をオール電化して太陽光発電にすると電気料金を減らし、ガス代を削減するメリットがありますが、このメリットを得る為には、自分の住宅に合った最適な太陽光発電システムを設置する事が大事となります。
失敗例としては、発電量が思ったより少なく、太陽光発電システムの発電量だけでは足りなく電力会社の電気を使用する事になり、電気料金を減らす事ができない事や屋根に太陽電池を設置した為に屋根が痛み、修理が必要となった等があります。
これらの失敗を無くす為には、信頼できる設置業者を選ぶ事が大事となります。
業者を選ぶ時のポイントはシュミレーションを十分に行って、分かりやすく説明してくれる事や工事前の様々な手続きを代行して行ってくれる業者選ぶ事が大事となります。
シュミレーションとは、発電量と電力会社に支払う料金から採算がとれるか計算する事です。
そして、最近は、多くのメーカーから太陽光発電システムが販売されているので、より安いメーカーの太陽光発電システムを提案してくれる事です。
手続きの代行としては、太陽光発電を設置する場合、国や自治体から補助を受ける事ができます。
補助を受ける為には、様々な書類を作成して提出する事になりますが、その書類を作成してくれる事もポイントなります。
この様な信頼できる業者を選ぶ方法としては、実際に太陽光発電システムを設置した方が周りにいるのであれば、その方に、業者の対応内容を聞いて問題ないようであれば紹介して貰うのが一番良い方法です。
周りに、その様な方がいないのであれば、インターネットで調べる事ができます。
インターネットには一括見積もりをしてくれるサイトがあり、このサイトを活用します。
実際に見積もりをするのではなく、業者選びの為に一括見積もりをするのです。
一括見積もりを行うと、近所にある業者がわかります。
そして、一番見積もりをしている業者を選びます。
そして、太陽光発電システムの設置実績が多い業者であるか確認します。
設置数が多いと、設置に関するノウハウも多く持っていると言え、さらに、信頼できる業者であるから設置数が多いとも言えます。
この様にして業者を選んだら、実際に業者に相談を持ちかけます。
そして、前に上げたポイントの事を聞き取りして、全て行ってくれるか確認します。
業者と話をしている内に、信頼できる業者か判断できると思うので、問題が内容であれば、継続して話を進めるとよいですが、業者が十分に説明をしてくれなかったり、不安に感じる事があれば、相談を打ち切る事が大事となります。
太陽光発電システムを設置するには、一般的な住宅で200万位の費用が必要と言われており、決して安いものではないので、安易に決める事は避けた方がよいです。
Copyright (C)2017太陽光発電とオール電化〜メリットとデメリット〜.All rights reserved.