太陽光発電設置の注意点

最近、太陽光発電システムを導入する方が急激に増えています。
増えている理由としては、自分で発電を行うので電力会社の電気を使用する事が少なくなるので、オール電化した場合、ガス料金を削減でき、さらに、電気料金を激減する事ができ、さらに余剰電気を電力会社に売電すれば収入を得る事ができます。
また、電力会社の発電量を減らす事ができるので、二酸化炭素の排出量を削減できます。
太陽光発電は太陽の光で発電を行うのでエコな発電システムといえ大きなメリットとなっています。
この様に、太陽光発電システムを設置する事は、大きなメリットがあるのですが、このメリットを出す為には、設置前に自分に家の屋根にあった太陽光発電システムを選ぶ事が大事となります。
間違った太陽光発電システムを設置すると発電を十分に行う事ができず、発電量が少なくなり、家計に影響を与える事があるので、設置にあたっては、事前にシミュレーションを行って、検討する事が大事となります。
太陽光発電システムは、非常に高価な買い物をする事になるので、費用対効果を検討する必要があります。
設置にあたり必要となる費用は、太陽光発電システム自体の購入費用と設置費用とメンテナンス費用を把握し、発電してからに電気料金と売電料金から効果があるか検討します。
太陽光発電システム自体の値段は、インターネットで調べる事ができますが、日本のメーカーと外国のメーカーがあり、発電量は日本のメーカーの製品が良いと言われていていますが、値段も高いと言われています。
また、設置費用も、屋根の形状や材質によって大きく違っている事や電気料金に関してはオール電化がされていないと電気料金を削減する事ができません。
これらの事を考えシュミュレーションを行い検討する事が大事となります。
ただ、一般的には、太陽光発電システム設置に関する費用は10年位で回収できると言われおり、最悪の場合でも20年あれば回収する事ができると言われているので、損はしないと考える事ができます。
費用の他にも太陽光発電システムの設置前に検討する必要があるものは、日照時間です、日照時間が短いと、それだけ発電量が少なくなるので、電気料金の削減が減少する事になります。
日照時間に関しては、年間を通しての時間を把握して、発電量をシュミュレーションするとよいです。
また、屋面が大きな建物に囲まれていて、太陽の光が届かない場合は発電量が少なくなるので設置は控えた方が良いと言えます。
この様に、太陽光発電システムの設置にあたっては、十分に検討する事が大事となりますが、この様な知識は、素人の方は持ち合わせていないので、検討する場合は、専門家のいるメーカーに相談したり、設置業者と相談した方が良いと言え、これらの専門家にシュミュレーションをして貰いとよいです。
Copyright (C)2017太陽光発電とオール電化〜メリットとデメリット〜.All rights reserved.