太陽光発電システムを選ぶ時のポイント

政府の後押しもあって、太陽光発電システムを設置する方が増えています。
以前の太陽光発電は、値段が高いので採算がとれない、発電量が少ないので電力会社の電気料金を減らす効果が期待できない、屋根を痛めるので改修費用が必要となる等の事から、設置を躊躇う方が多かったのですが、最近の太陽光発電は、技術改善され、これらの問題もなくなっており、この為、設置する方が増えています。
また、太陽光発電システムを製造するメーカーも増えているので、価格競争が行われて価格が安くなっています。
太陽光発電システムを製造しているメーカーとしては、シャープ、京セラ、三菱、パナソニック等が主なメーカーですが、他にも、東芝、ソーラーフロンティア等の製造販売を行っています。
外国のメーカーとしては、中国のサンテックパワーやカナダのカナディアンソーラー等が日本で販売しています。
これらのメーカーの太陽光発電に関しては性能や価格の基本的な事では差はないと言われていますが、詳細な部分でメーカー毎に特徴があるので、その特徴をしっかり把握して選ぶ事が大事となります。
日本のメーカーの製品と外国のメーカーの製品を比較した場合、発電量に関しては日本のメーカーの製品が優れていると言われていますが、ただ、ちょっと価格が高く設定されています。
太陽光発電システムを選ぶ時のポイントは信頼度、発電量、価格、耐久性、保証やアフターサービスを比較して選ぶ事が大事となります。
比較方法としては、実際にシュミレーションをして比較する事が大事となります。
シュミレーションとしては、太陽光発電価格とメンテナンス費用から、発電して削減した後のガスや電気料金の光熱料金を引いた物が利益となるので、このシュミレーションを各メーカー毎に行い比較するとよいです。
素人の方が発電量を割り出すのは難しいのでメーカーや設置業者と一緒にシュミレーションする事が大事となります。
発電量は日照時間によって大きく異なってくるので、専門家と一緒に行った方が正確なシュミレーションを行う事ができると言えます。
また、オール電化されている場合とされていない場合では、使用する電気量が大きく変わってくるので、オール電化の事も含めてシュミレーションをする必要があります。
しかし、メーカーの方に他のメーカーのシュミレーションを頼む事は難しいので、最初にメーカーや業者を絞って依頼する必要があります。
絞り込み方法としては、インターネットにある一括見積もりを行うとよいです。
一括見積もりを行うと複数のメーカーの価格を比較できます。
Copyright (C)2017太陽光発電とオール電化〜メリットとデメリット〜.All rights reserved.